廃墟(その31)




豪雨の中で渡河・登攀し、漸く辿りついた水力発電所廃墟。
雨が止み、光射すホールの美しさに、しばし惚けた。
夕闇が迫っていなければ、今もここで立ち尽くしていただろう。

ラピュタに到達したパズーの心境です カウンター : 19

作品評価: イイ 287 - ダメポ 13 = 274

※評価されたコメントのみ表示しています。