pya!ネタサイト

あったかい気持ちになるコピペ(その244)

作品評価: イイ 446 - ダメポ 18 = 428

※評価されたコメントのみ表示しています。

たこぽん

姉「私に見られたくらいで猫の真似を止めては演じている事にはならないわ。さ、お続けなさい」
妹「くあああああ!こんな時だけノリの良い姉なんて、要らねえええええ!」 08-12-12 15:07

PU: 133

jinke

デクノボー

ちゃんと白目になって「恐ろしい子・・・」と言ってあげないとw 08-12-12 15:35

PU: 96

ロマンス小説

チナモン

「あの…吉本新喜劇ってビデオ友達に借りて…やってみたくなって…ちがうから…それだけだし…」

池乃めだか師匠かよw (m) 08-12-12 16:00

PU: 7

月の輪

紺碧。

演劇マンガとしてだけでなく少女マンガ界の堂々たる金字塔である「ガラスの仮面」。その中で、主人公のマヤは舞台『狼少女』の主人公を完璧に演じるために、日常生活を四つんばいで行う事から始めます。作中に、犬のような動作でポテチの袋を噛み空け犬食いするシーンがあることから、妹さんは本当にそんな動作で開けて食べる事ができのか試してみたくなったんでしょう。一度読んだらマネしてみずにはいられない演技や動作の表現こそ「ガラかめ」の醍醐味ですし、学生で演劇部の子達などはもう何十年も前のマンガであるにも拘らず、いまだマヤに憧れて演劇の道に進む子も多くほとんど内容を完璧に覚えて演じられたりする人はザラにいますよ。最近では学校の図書室や図書館にも揃っていたりするので、ぜひ一読を…とか回し者の如くマジレスしてみる。 08-12-13 02:25

PU: 6

___