pya!ネタサイト

11人いる!



・・・いやその、契約者が。

そう言えばあの作品は、宇宙大学入試の最終科目という設定でしたね。 カウンター : 18

作品評価: イイ 45 - ダメポ 82 = -37

※評価されたコメントのみ表示しています。

guppy
◆jMD6tSfY

11月11日は電気の日。 漢字で書くと十一十一となり、プラスマイナスに読めるからだそうです。でもその説明がここに11人いることとは全く持って関係ねぇぞ!って突っ込まれたらボクいじけちゃうも~ん・゚・(つД`)・゚・ 07-03-14 18:15

PU: 73

weed

watto
◆qgLGtymk

タイトルの元ネタは萩尾望都の傑作SFマンガで、かなり年齢踏み絵の気味があります。しかし単行本半分くらいの短編でありながら、いまだにファンの記憶からは薄れる気配すら見せないあの作品は、あらためて偉大だと思う… 07-03-14 18:10

PU: 56

R28号

R28号
◆TbsWu/4c

【寸感の説明】「11人いる!」は萩尾望都・作の漫画のタイトル。宇宙大学の入試最終テストの試験会場である宇宙船を舞台に、受験生たちがお互いに対立しながらもやがて友情や恋を芽生えさせる様を描いた名作。外部との接触を断たれた宇宙船で10人のチーム全員が53日間生き延びるという、協調性を測る最終テストに臨んだ10人であったが、 07-03-14 18:11

PU: 42

kuuya