ページ上部へ
作品検索 タグ検索 スペースでAND検索、タグのAND検索は不可 外部検索フォーム
お知らせ

No.65,476 ::: Text4 ::: 2017-09-14 11:11:02 ::: メタス

竜と龍

https://imgur.com/DYKxrIN
竜は、龍の新字体、
龍は、竜の旧字体とされていますが、
実は、漢字の成り立ちとしては、竜の方が先なのだそうです。

「竜」は、冠をかぶった大蛇(様の動物)を象った象形文字で
さまざまな模様・装飾を加えられたのが、「龍」なんだそうです。
竜は、龍の古字ということなのだそうです。
https://imgur.com/mI5tPIT

竜龍の簡体字がこれだそうです
https://imgur.com/5gZI7nC
どうしたらこんな形になるのかなあ?

因みに異体字は
https://imgur.com/NXI0hhy
タグ:
※※ この作品で感じた項目をクリックしてください(2クリックまで)※※
イイ
37
感動
4
ダメポ
2
ワロタw
0
カワエエ
0
切ない
0
ビックリ
0
ヒドス
0
おバカ
0
セクシー
0

※評価されたコメント(3件まで表示)※

ICON00459.jpg

 橋本龍五郎  2017-09-14 11:55:59   コメント評価: 10 イイ:1

甲骨文字はどうみてもnyaなんですけw

ICON00006.jpg

 珠鴻  2017-09-15 05:37:09   コメント評価: 3 イイ:1

竹簡に書いたものは例えばこんな感じです(戦国時代の楚のもの)
[URL]
当時の筆は後世のものと異なり、楷書の払いのような筆跡は出しにくく、普通に書くとこんな感じになったのだとか。

もっとも篆書はやはり書きにくかったようで、日常的には筆記体のような位置づけで隷書への過渡的字体が使われ、秦代ではそれが公文書にも使用されていたようです(秦隷)。
[URL]
(湖北省雲夢県出土、「雲夢秦簡」「睡虎地秦簡」などと呼ばれているものの一部)。

ICON00006.jpg

 珠鴻  2017-09-15 05:20:05   コメント評価: 2

簡体字"龙"は草書体由来ですね。草書体の右側を楷書風にして活字化したものというか。草書体はいろいろな書き方があるのであれですが、これとかわかりやすいかな。
[URL]

もう少し詳しくいうと、「龍」の(草書体の)右側を使用した俗字が民間で古くから使われていて、簡体字はそれを採用したものです。
これは明・成化年間(15C後半)の語り物のテキストですが、赤で囲った三つの字がいずれも「龍」の異体字です。
[URL]

草書体由来の簡体字は"书"(書)、"买"(買)、"车"(車)、"东"(東)など、意外に多くあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント 6  |  コメント書込みフォームへ移動  |  メインページに戻る

ICON00459.jpg
22,995

  橋本龍五郎 68

2017-09-14 11:55:59  URL

甲骨文字はどうみてもnyaなんですけw

    1
    8
    1
    合計: 10
    ICON00459.jpg
    22,996

      橋本龍五郎 68

    2017-09-14 11:57:02 URL

    つ【ど…】

      0
      0
      1
      合計: 1
      ICON01123.jpg
      56,177

        みゃうみゃう 129

      2017-09-14 12:17:47  URL

      ( ´ ▽ ` )ノ 竜が龍の新字体って、初めて聞きました。
      ( ´ д ` )ノ しかも二行後に全否定って・・・

        0
        1
        0
        合計: 1
        ICON00050.jpg
        2,512

         meherboy 30

        2017-09-15 01:42:35  URL

        昔の中国(秦とか)の人ってホントに篆書体を木簡にさらさらと書いたのかね。

        0
        0
        0
        合計: 0
        ICON00006.jpg
        329

         珠鴻 5

        2017-09-15 05:37:09 URL

        竹簡に書いたものは例えばこんな感じです(戦国時代の楚のもの)


        当時の筆は後世のものと異なり、楷書の払いのような筆跡は出しにくく、普通に書くとこんな感じになったのだとか。

        もっとも篆書はやはり書きにくかったようで、日常的には筆記体のような位置づけで隷書への過渡的字体が使われ、秦代ではそれが公文書にも使用されていたようです(秦隷)。

        (湖北省雲夢県出土、「雲夢秦簡」「睡虎地秦簡」などと呼ばれているものの一部)。

        • ウィキの「字が泣いてる」ってこういうことかあ
        1
        0
        2
        合計: 3
        ICON00006.jpg
        328

         珠鴻 5

        2017-09-15 05:20:05  URL

        簡体字"龙"は草書体由来ですね。草書体の右側を楷書風にして活字化したものというか。草書体はいろいろな書き方があるのであれですが、これとかわかりやすいかな。



        もう少し詳しくいうと、「龍」の(草書体の)右側を使用した俗字が民間で古くから使われていて、簡体字はそれを採用したものです。
        これは明・成化年間(15C後半)の語り物のテキストですが、赤で囲った三つの字がいずれも「龍」の異体字です。


        草書体由来の簡体字は"书"(書)、"买"(買)、"车"(車)、"东"(東)など、意外に多くあります。

        • どやって簡体字を書いたの?
        0
        0
        2
        合計: 2
        コメント6件
        コメントを書き込むにはログインしてください。
        ゲームで遊んで増えたコインを「円」で受け取れる!超画期的ゲームはカジ旅
        閉じる

        閉じる