ページ上部へ
作品検索 タグ検索 スペースでAND検索、タグのAND検索は不可 外部検索フォーム
お知らせ
タグ:
※※ この作品の評価は終了しました ※※
イイ
50
感動
8
ダメポ
4
ワロタw
2
切ない
1
カワエエ
0
ビックリ
0
ヒドス
0
おバカ
0
セクシー
0

※評価されたコメント(3件まで表示)※

ICON00563.jpg

 みゃうみゃう  2016-01-21 12:07:51   コメント評価: 7 イイ:6

これ以前は竹ヒゴ炙って曲げて、紙を貼ってましたっけ。

ICON00007.jpg

 妄一  2016-01-21 18:13:19   コメント評価: 7

以前からあったのは「ツバメグライダー」(国産)で、現在でも100円前後で売られています。
プロペラ付き(第二次大戦時のレシプロ戦闘機がモチーフ)とゴム飛ばし(1970年代あたりのジェット戦闘機がモチーフ)の二種類がありまして、30個入り1箱で流通しています。
他方、中国辺りで製造された廉価な「小物玩具」は大手(中堅玩具商社)の手を経て国内でも流通しており、こちらは25個や50個を流通単位として出回っていて、小売価格で50-60円くらいになるものの専ら飲食店などの子供連れ客のためのサービス品(お子様ランチに付いてきたり)としてやイベントの景品、あるいは地域自治会の子供会主催のイベントの景品(輪投げゲームなど)などで出回っています。

ちなみに竹ヒゴと紙で作るも軽飛行機は現在でもユニオンモデル(軽量屋内ゴム動力飛行機でもおなじみ)が国内で頑張っていますが、売り上げは往年ほどではないためかモデルの統廃合が激しく、かつて全幅1mはあろうかという巨大なグライダーも販売していましたが、かなりのモデルが廃版になってしまいました。
しかし今でも好事家への需要もあるほか、教材としてみれば大変洗練された設計で作りやすいと好評であるため、老舗模型ショップを中心に流通しています。

ICON00139.jpg

 toms1  2016-01-21 13:50:18   コメント評価: 3 イイ:3

そうセットには竹ひごとニューム菅と和紙と原寸設計図が入って 袋売りでしたよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント 11  |  コメント書込みフォームへ移動  |  メインページに戻る

ICON00563.jpg
28,152

  みゃうみゃう 117

2016-01-21 12:07:51  URL

これ以前は竹ヒゴ炙って曲げて、紙を貼ってましたっけ。

6
0
1
合計: 7
ICON00139.jpg
6,959

  toms1

2016-01-21 13:50:18 URL

そうセットには竹ひごとニューム菅と和紙と原寸設計図が入って 袋売りでしたよね。

3
0
0
合計: 3
ICON00214.jpg
10,736

  親方

2016-01-22 01:45:42 URL

映画「三丁目の夕日」の冒頭シーンで「これこれ!」って思ったっけ…
(あんなに長く、遠く飛ばせなかったけど

0
0
1
合計: 1
ICON00331.jpg
16,553

 ふでぺん 51

2016-01-21 12:27:52  URL

何回か買ったことあるなぁ

1
0
0
合計: 1
ICON00027.jpg
1,398

 NOB

2016-01-21 12:47:57  URL

50円くらいじゃなかったかなぁ。って思ったらほぼ正解だった。

0
0
1
合計: 1
ICON00139.jpg
6,960

 toms1

2016-01-21 13:53:05 URL

50円もしたんですね! お好み焼きにタマゴ付きが食えるじゃないですか。

0
0
0
合計: 0
ICON00351.jpg
17,579

 A14改 66

2016-01-21 16:22:51  URL

飛行機はプラモでデカール貼りに失敗して懲りました。あれ上からクリア吹かないとダメなんですね。

0
0
0
合計: 0
ICON00125.jpg
6,297

 kame 29

2016-01-21 16:49:30  URL

バランスが取れれば遠くまで飛びましたね。

0
0
0
合計: 0
ICON00004.jpg
235

 クマ山クマヲ 51

2016-01-21 17:26:00  URL

( ・ω・) 祭りのクジ引き夜店でハズレの時によくもらってました。

0
0
0
合計: 0
ICON00007.jpg
398

 妄一 17

2016-01-21 18:13:19  URL

以前からあったのは「ツバメグライダー」(国産)で、現在でも100円前後で売られています。
プロペラ付き(第二次大戦時のレシプロ戦闘機がモチーフ)とゴム飛ばし(1970年代あたりのジェット戦闘機がモチーフ)の二種類がありまして、30個入り1箱で流通しています。
他方、中国辺りで製造された廉価な「小物玩具」は大手(中堅玩具商社)の手を経て国内でも流通しており、こちらは25個や50個を流通単位として出回っていて、小売価格で50-60円くらいになるものの専ら飲食店などの子供連れ客のためのサービス品(お子様ランチに付いてきたり)としてやイベントの景品、あるいは地域自治会の子供会主催のイベントの景品(輪投げゲームなど)などで出回っています。

ちなみに竹ヒゴと紙で作るも軽飛行機は現在でもユニオンモデル(軽量屋内ゴム動力飛行機でもおなじみ)が国内で頑張っていますが、売り上げは往年ほどではないためかモデルの統廃合が激しく、かつて全幅1mはあろうかという巨大なグライダーも販売していましたが、かなりのモデルが廃版になってしまいました。
しかし今でも好事家への需要もあるほか、教材としてみれば大変洗練された設計で作りやすいと好評であるため、老舗模型ショップを中心に流通しています。

0
0
7
合計: 7
ICON00273.jpg
13,693

 雷電21 11

2016-01-21 20:18:16 URL

100円で売られているとしたら、箱絵のイラストレーターの取り分は1個1円程度。頑張って1機種あたり1万個売れたとして、原稿料1万円か。涙の貧乏だな。

0
0
1
合計: 1
コメント11件
この作品へのコメントの書き込みは終了しました。
ゲームで遊んで増えたコインを「円」で受け取れる!超画期的ゲームはカジ旅
閉じる

閉じる