ページ上部へ
作品検索 タグ検索
スペースでAND検索、タグのAND検索は不可 外部検索フォーム

作品評価状況

  • 6
  • 朝食
  • 33
  • ちょっと通りますよ
  • 1
  • いらっしゃいませ
  • 1
  • いらっしゃいませ
  • 4
  • クルクル
  • 1
  • クルクル

コメント評価状況

  • 2
  • ほむさ
  • つまりプロレスラーがスターか。俺のスターは早見...
  • 1
  • ぱんちろ
  • 要らねーwww
  • 1
  • こらしょぉ!
  • 回文ですかw重い鈍重な猫さんなら一匹いましたね。
  • 1
  • fudomyoho
  • 合成、合成、これはスタジオ撮影の背景が合成なん...
  • 2
  • ぱんちろ
  • 【特別図解】  パイパイナッポー アッポー  ...
  • 4
  • 異物=ヤモリ? あ、ペンチだ ^^
¥ 2,300
参考価格: ¥ 4,500 (48% OFF)
WANLOK 2016 改善版 ブルーライト カット Apple iPad mini4 (2015) 7.9...
¥ 74,620
参考価格: ¥ 105,624 (29% OFF)
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ボディ 2420万画素 EOS8000D
¥ 14,600
参考価格: ¥ 21,600 (32% OFF)
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK BLACK×BLUE Series 世界6局電波対応ソー...
¥ 2,592
参考価格: ¥ 3,707 (30% OFF)
カルピス 守る働く乳酸菌 L-92 200ml×24本
¥ 8,175
参考価格: ¥ 10,584 (22% OFF)
[チャムス] CHUMS デイパック Book Pack Sweat Nylon CH60-0680-R050-00...

No.18,401 ::: Text ::: 2013-08-17 22:04:01 ::: admin

パンツ一丁

829: sage:2013/06/01(土) 00:49:44.73 ID:Q6O/T/2p

私が2歳の時の修羅場
家の縁側で祖母がアイロンがけをしており、
私は中の部屋で昼寝をしていたらしい
そこに宅配便のお兄さんがやってきて、夏の暑い日だったので、祖母は冷たい麦茶をふるまった
田舎だし、そのお兄さんもご近所さんだし、よくある話だったんだけど、祖母が麦茶を出して世間話をしていたところ、
「ふんぎゃぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁあぁ!!!!」
と、100m先の畑で野良仕事をしていた
おじさんも駆けつける様なものすごい悲鳴を私があげ、
けたたましく泣き出した
祖母もお兄さんもびっくりして急いで私を見たところ、
なんとアイロン台の下に祖母が隠したつもりだったアイロンを
寝ていたはずの私がつかみ、自分の左手にアイロンをかけていた


830: sage:2013/06/01(土) 00:50:52.04 ID:Q6O/T/2p

動揺する祖母をよそに、お兄さんが急いで私を担ぎあげ、
台所まで連れて行って水道の水で左手を冷やしながら、
「救急車!ばあちゃん救急車呼んで!!!」
と叫ぶものの、祖母はパニックで何もできない
そんな修羅場な中、またしても「きゃああああああ!」と悲鳴が
風呂でシャワーを浴びていた母が、我が子の悲鳴を聞きつけパンツ一丁で台所に参上
お兄さんは大分びっくりしたらしいけど、何より先に「き、救急車!」と叫んだ
すると母は急に冷静になってパンツ一丁のまま救急車に連絡し、パンツ一丁のままお兄さんに
「すいません、変わりますので救急車の誘導お願いします」
と言い、パンツ一丁のままで私を抱きかかえたらしい

その後救急車で運ばれ治療され、家ではしばらくアイロンを使用できなくなったらしい
私が小学生の頃には普通に母も祖母もアイロンがけしていたし、中学生くらいになって初めてこのことを聞いて知りましたが、そんなことがあったとは信じられないくらい火傷の跡も何も残っていません

宅配便のお兄さんは今も近所に住んでいて、話を聞いたところ、
「もちろん、君がアイロンを手にかけているところを見た時も肝がつぶれそうだったけど、あの日一番ひやひやしたのは、救急車を誘導して帰った時にまだお母さんがパンツ一丁だったらどうしよう、と考えた時かもしれん」と言っていました
母は、途中で祖母と交代してばっちり服を着ていたので心底安心したのをよく覚えているらしいです
あの日一番の修羅場は宅配便のお兄さんの心の中だったと思う
ネタ元 [ URL ]
タグ:
※※ この作品の評価は終了しました ※※
イイ
80
ダメポ
6
ワロタw
0
カワエエ
0
感動
0
切ない
0
ビックリ
0
ヒドス
0
おバカ
0
セクシー
0

※評価されたコメント(3件まで表示)※

 ぱんちろ  2013-08-17 22:53:38   コメント評価: 24 イイ:24

若い頃はちょっとしたあやまちでヤケドする事よくあるよね

 ぽてちん  2013-08-17 23:00:33   コメント評価: 24 イイ:24

チョット意味が違うように感じるのは私の心が汚れているせいでしょう(たぶん・・・

 おじぃ  2013-08-17 22:08:43   コメント評価: 17 イイ:17

周りにいた方たちが普通の人たちばかりでよかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント 17  |  コメント書込みフォームへ移動  |  メインページに戻る

54

 おじぃ

2013-08-17 22:08:43  URL

周りにいた方たちが普通の人たちばかりでよかったです。

17
0
0
合計: 17
3,115

 ふでぺん

2013-08-17 22:19:12  URL

坂本竜馬の妻のお龍を思い出した^^;

2
0
0
合計: 2
995

 ねじっこ

2013-08-17 22:22:40  URL

自分は野口英世を思い出した。

1
0
0
合計: 1
7,513

 あ~る・gray_R

2013-08-17 22:28:44  URL

自分も子供の頃アイロンで火傷したことがあるので他人事ではない

0
0
0
合計: 0
3,101

 ぽてちん

2013-08-17 22:59:24 URL

オイラもアイロン掛けしていた母のそばで遊んでいて左手首にアイロンが倒れてやけどした。小さい子がいる傍はホントあり得ない程の注意が必要です。

1
0
0
合計: 1
2,654

 親方

2013-08-17 22:42:22  URL

なんだ、宅配便のお兄さんと結婚しなかったのか

1
0
0
合計: 1
1,410

 ぱんちろ

2013-08-17 22:53:38  URL

若い頃はちょっとしたあやまちでヤケドする事よくあるよね

24
0
0
合計: 24
3,102

 ぽてちん

2013-08-17 23:00:33 URL

チョット意味が違うように感じるのは私の心が汚れているせいでしょう(たぶん・・・

24
0
0
合計: 24
1,397

 熊来る

2013-08-17 23:39:40 URL

僕は今でもヤケドだらけですよ

1
0
0
合計: 1
417

 meherboy

2013-08-18 02:17:12 URL

若くないけどヤケドしてみたい私の心は汚れててもいいと思っているのは秘密だ 

2
0
0
合計: 2
1,417

 らふぁえる

2013-08-18 02:25:16 URL

2歳は若すぎるでしょうw

0
0
0
合計: 0
794

 ぽちとたまと

2013-08-18 15:11:14 URL

ぱんちろ様、熊来る様 武勇伝?投稿お持ちしてます。
て ぱんちろ様の場合オーブン等でやっちまった画像着そうで怖いのですがwww

0
0
0
合計: 0
923

 わに

2013-08-17 23:02:07  URL

5〜6歳の頃初めて飛行機に乗った時
コップをおく穴に手を突っ込んでしまい乗客全て降りても
抜けなかった時のことを思い出しました
あの時抜こうと懸命に手伝ってくれた
スチュワーデスさんはきれいだったなぁ

0
0
0
合計: 0
7,517

 あ~る・gray_R

2013-08-17 23:28:17 URL

綺麗なスッチーに抜いてもらったんですか!?

13
0
0
合計: 13
924

 わに

2013-08-17 23:34:11 URL

ええ、ローションやらいろいろ試してくれましたよ。
「リラックスしてね」的なこと言われたりね、、はは

あー書き方まちがえたなぁー、、

13
0
0
合計: 13
5,725

 マジスカ

2013-08-17 23:10:40  URL

僕は小さい時 使用中のアイロンが見た目そんなに熱くなさそうだったので温度を確かめるために 手をかざせばいいものを 頬を近づけたところ 母親が「こらっ!」と僕を叱ったために「ビクッ!!」となって頬にジュッとアイロンを押しつけてしまった。アホだった。

5
0
0
合計: 5
119

 ふぐ

2013-08-18 20:28:26  URL

お母さんパンツ履く余裕はあったんだ。バスタオルだけ巻いて出てくる方が速いと思うんだが。

0
0
0
合計: 0
コメント17件
この作品へのコメントの書き込みは終了しました。
ゲームで遊んで増えたコインを「円」で受け取れる!超画期的ゲームはカジ旅
NEXT(次の作品)
BACK(前の作品)